タップして閉じる

会員様向け配信情報

東山宮川筋京町屋オーナーチェンジ物件出ました!

2022年04月16日

本日は好きな方は好き。好み分かれますが、これぞ「ザ・京都」という
路地奥の町屋物件です。
祇園の宮川筋といえば、5大花街のひとつ。「宮川町」のメインストリート
です。石畳敷きの道路沿いにはお茶屋、飲食店等の小さなお店が集まっている
商店と住居の混在した通りです。
江戸時代から綿々と受け継がれてきた歓楽街の面影がまだ少し残っています。
そして本物件はその宮川筋沿いにある、お茶屋「本城」の建物の下を潜り抜けた
場所にあります。
知らない人が見たら、本城のお店に入っていくお客さんと思われるかもしれません。

しかしながらその奥には路地があり、町屋が並んでおります。カフェ等も
あり雰囲気は昭和初期のころの路地奥というイメージでしょうか。


宮川筋町屋
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
住所  東山区宮川町
交通  京阪鴨東線 祇園四条駅 徒歩約10分
    京阪鴨東線 清水五条駅 徒歩約6分
土地  約54.67㎡ 約16.54坪
完成  不詳
構造  木造瓦葺2階建
延床  74.7㎡
規模  1階 キッチン、洋室7帖、和室4.5帖、浴室、トイレ、洗面室、庭
    2階 和室4.5帖、和室3帖、洋室5.5帖
    の5Kです。
もちろん京町屋ですので、玄関入って奥にキッチンがありますが、そのうえは
「火袋」という2階上まで広がる吹き抜けの空間があります。
これが町屋の特徴です。
昔はキッチンにはおくどさんと呼ばれるかまどがあったりしたはずです。

賃料 10万円/月額
年間 120万円
売価 2480万円
利回り 4.8%

こういうロケーションの物件の売り物はなかなかありません。
路地奥の入り口がお茶屋の建物を潜り抜けるという珍しい物件です。

ご興味ある方は是非是非お気軽にお問合せください。

このような物件を
タイムリーに受け取りたい方はこちら

今すぐ会員登録!

お手続きは簡単、もちろん無料です!